自然災害

 

みんな自然災害と言ったら何を連想する?

地震や台風が一番最初に思い浮かぶと思うんだけど、

他にも沢山の自然現象によって自然災害が起こされております。

 

日本に馴染みのある自然災害から、

海外にしか起こらない自然災害など、

地球に住んでいる以上、(正確には住まわせてもらってる

人類は知っておかなければならない事だと思う。

自然災害は自然現象の上に成り立っているんだよね。

 

今回はそんな自然災害と自然現象の関係について触れていくよ。

 

自然災害とは

災害

そもそもね、自然災害ってなによ?(なによ?ってなによ

って思う人もいると思うから、

下に書いておくね。(引用させていただいております

自然災害(しぜんさいがい、英: natural disaster)とは、危機的な自然現象(natural hazard, 例えば気象、火山噴火、地震、地すべりなど)によって、人命や人間の社会的活動に被害が生じる現象を言う。

日本の法令上では「自然災害」は「暴風、豪雨、豪雪、洪水、高潮、地震、津波、噴火その他の異常な自然現象により生ずる被害」と定義されている(被災者生活再建支援法2条1号)。

引用: 自然災害.フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.(参照2018/10/14)

 

wiki先生のとおり、

自然災害とは命に関わる被害が生じる自然現象のことだね。

日本でお馴染みの地震や台風なんかも自然現象の一つだね。

いろいろあるけど、どれも日本に住んでいたら起こりうるものばかりだね。

こう考えると日本は海も山もあって、ホント自然現象が起こるためのいい立地にあるよね(皮肉

 

ここでね、自然災害についての興味深い一文を紹介しておくね。

自然災害がなぜ起こるかについては、次の公式に帰結している。

Disasters occur when hazards meet vulnerability.[2]

災害は、危機が脆弱性と出会うことで起こる

 

引用: B. Wisner, P. Blaikie, T. Cannon, and I. Davis (2004). At Risk - Natural hazards, people's vulnerability and disasters. Wiltshire: Routledge. ISBN ISBN 0-415-25216-4.

 

なんか難しいこと言ってるけど、

噛み砕くと、脆弱性ってのが人間社会そのものなんだよね。

 

僕たち人間はどう足掻いても自然現象には、

勝てませんし100%防ぐこともできません。

これが人間社会の弱い部分=つまり脆弱性

 

ここで言う"危機"とは命に関わる自然現象のことで、

危機が脆弱性と出会う、

すなわち危機(自然現象)が脆弱性(人間社会)に襲いかかる=災害となるって意味です。

 

自然現象の例

例えば、人間の住んでいない島に津波が襲いかかったとしても、

それは災害とは言わないのです。

誰も直接的な被害を受ける可能性はないので「危機」もしくは「災害」に当てはまりません。

これは単なる自然現象に過ぎないのです。

 

もう一つ例をあげましょう。

誰も知らない無人島で大噴火があったとします。

人間がそこにいた場合、我々はこれを大災害として認識します。

ですがここには人間が住んでいません。

なので噴火という単なる自然現象に過ぎないという事。

 

何が言いたいかっていうと、

地震=災害、台風=災害、津波=災害、噴火=災害

ってわけじゃないってことです。

これらは単体では単なる自然現象に過ぎない。

人間と自然現象が出会う事で災害になるってことなんです。

災害とは
災害とは自然現象の結果または影響により人間社会にダメージ与えること

 

自然災害と自然現象の違い まとめ

 

僕たちは地球住まわせてもらっています。

人間が呼吸するように、地球もまた呼吸するように自然現象を引き起こします。

人間が生きるために呼吸するのと同じように、

地球自体も生きるために活動しているのです。

なにも自然現象が悪ではないのです。

 

たぶんここがみんなの認識と違ってくる部分かな。

地震=災害 って僕も思ってました。

考えると深いなー

まだまだ勉強が足りませんね。

 

僕たちは自然現象に遭遇してしまった時に、

適切な対処・方法を知っておくことが大事かと思います。

日頃から防災意識を高めようと言うことです。

 

みんなもこの防災ブログを読んで、

災害の知識や防災の知識を深めてくれると幸いです。

 

ばいばいばーい




スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事