公衆無線

災害時の無料WiFiが使えるのはご存知ですか?

しかし、無料で使える反面セキュリティにリスクがあります。

 

今回は災害の時に解放される無料wifiことアクセスポイント、

00000JAPAN(ファイブゼロジャパン)って何ぞや?

00000JAPANを使う上でセキュリティって何に注意すればいいの?

について触れて行こうと思います。 (名前かっけぇな ボソッ

 

00000JAPANとは

00000JAPAN

引用:無線LANビジネス推進連絡会,大規模災害発生における講習無線LANの無料開放に関するガイド

地震や津波などの大規模災害が起きた場合に、

無料でどんな機種やどんな通信キャリアでも接続することが可能な公衆WiFiのこと。

※基本的には災害時のみしか開放されていません。

 

目的としては、災害時の通信手段の確保だね。

この取り組みは、無線LANに関係する企業・団体等が集結し活動する、

無線LANビジネス推進連絡会により運営されています。

KDDI、ソフトバンク、DoCoMoなどの大手企業の集まり。

なのでバックボーンとしてはかなり信頼できるかな。

 

運営している会社が知らん会社だったら心配だけど、

大手企業のしかも通信業界の最大手であれば少しは信頼できる。(少しかい

 

直近の災害時の00000JAPAN使用例で言うと、

2018年7月8日に起きた台風7号による大雨災害

KDDI株式会社、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス
発動日時:7月7日(土)16時
場所:岡山県、広島県、愛媛県 全域の「au Wi-Fi SPOT」設置エリア
   (2018年8月2日をもって終了しました。
    なお、避難所等に開設した公衆無線LANサービスは引き続きご利用いただけます。)

引用:台風第7号及び前線等による大雨災害に伴い公衆無線LANを開放しました

こんな感じで、使用すべき災害時の条件が整った場合に

無料でwifiが使用可能になる感じです。広告媒体はネットになるのかな?

 

台風15号による千葉での災害では、

KDDIやソフトバンクが千葉県全域で00000JAPANを無料開放しています。

利用可能箇所
●KDDI
●ソフトバンク
スポンサーリンク

なぜ00000JAPANというSSIDなのか

疑問

僕は疑問に思いました。

0を5つ並べる理由が。

皆も思うかな?(そんなこと思わんよ

その疑問に答えて解説していきます。

 

●視認性の良さ

SSIDサーチの時に0000がトップに表示される。

なるほど、WiFiをONにしたあと繋げられるアクセスポイントが列挙されるよね。

その一番上に00000JAPANが表示されるってわけだな。

 

●誰でも理解しやすい

国内及び国外の人にもわかりやすくするため。

無駄に00000JAPANって名前かっこいいよね。(どうでもいい

 

スポンサーリンク

災害時いつから利用できるのか

いつから

ガイドラインによると公衆無線 LAN の無料開放の基準は、

スマートフォンなどの通信機器が長時間使用できないことが確認できた場合。

 

これが第1の基準になるね。

次に無料wifiが開放を決定したあとにいつから使えるのか。

 

大規模な災害発生時に稼働する、

00000JAPANの公表されている説明書では、

一律に何時間から使用できると規定するのは難しいと記載されています。

 

これには被災地域で公衆無線LANサービスを提供する事業者も、

被災する可能性があるため。

とはいいつつ、72時間以内の開放が望ましいと明記されています。

 

なので72時間以内を目安にしておくといいでしょう。

00000JAPANは通信する際のセキュリティリスクがあることにより、

携帯インフラが復旧次第開放が終了となります。

 

開放については少し漠然としたところもあるので、

ラジオなどで情報収集を怠らないようにしたいですね。

おそらく無料かつ煩雑な手続きが不要な簡単仕様なので、

使える用になったら噂が立つと思います。

なので周りの人とのコミュニケーションもとっていきたいところですね。




 

セキュリティに危険あり

リスク

ここからが問題なんですけど、

公衆WiFiは無料で便利な反面、危険な部分も多くあるんですよ。

ここしっかり認識してください。

 

00000JAPANは緊急事態の時に誰でもすぐさま使える用に、

通信の暗号化やら、アクセスするための認証を行っていない。

これは災害という緊急自体のときのユーザーの利便性を求めた結果です。

ここが00000JAPAN最大のセキュリティの危険ポイント。

つまり第三者に通信を傍受される可能性があるんです。

 

公衆WiFiを使う際はVPNで通信を暗号化するのが定石とされています。

VPNとは簡単にいうと糸電話みたいなもん。

糸に触れても糸に耳をつけても音はなぜか聞こえない。

でもキチンと紙コップを持った片方の相手には伝わる。

VPNはそんな自分と相手だけの通路といったところかな。

※個人的な見解です

 

でも使い方を間違えなければ公衆WiFiを限定的に使用するのはいいと思うけどね。

緊急事態の災害時だし、情報は命に関わるから。

00000JAPANを使う上で注意すべき項目を下記に書くね。

 

公衆WiFi使用時にやめたほうがいい項目★

・クレジットカードの情報は絶対入力しない。

・ウェブサイト等へのログイン(ユーザー名やパスを入力するもの)。

・プライバシー性の高い情報のやり取り(個人情報など)

要は悪意あるユーザに見られて困るものを検索しない、入力しない。

これを徹底してください。

セキュリティに問題があっても、使い方次第といったところです。

 

★気をつけるポイント

接続してるSSIDは本物か?

→悪意のある第三者が似たようなSSIDで、

自らの無線アクセスポイントへ誘導している場合があります。

これにアクセスすると完全に通信を傍受され被害を受ける可能性があります。

 

ひとつ分かりやすい例を記載します。

[000000JAPAN]

→これは0が1つ多いSSID

[00000JAPON]

→JAPANがJAPONになっている

こんなふうにパッと見では勘違いしてアクセスしてしまうような、

SSIDにして接続を誘ってくる可能性も大いにあります。

接続する際はSSIDをよく確認し、十分気をつけてください。

 

上記のことから、00000JAPANを使用する際は基本的に、

検索のみに絞ったほうがいいです。

他人に知られると困る物を入力するのは避けるのがいいです。

 

あとSSL通信になっているサイトは基本的に信頼して大丈夫。

★SSL通信確認方法

URLの最初の部分が、https://~から始まるサイトのこと。

通信を暗号化することにより、第三者からの盗聴や改ざんを防いでくれます

この部分もきちんと意識して公衆Wi-Fiは使用しような(ダジャレ乙。

 

00000JAPANセキュリティのまとめ

00000JAPANの取り組みはとてもすごい事だと思うけど、

セキュリティの課題は何とかして欲しいよね。

頭いい人頼みました。(他力本願

 

まぁそれでも災害時の情報インフラが、

整っている事は非常に心強いことだよね。

災害時の情報はかなり大切だし、無料だし使えるものは使わせて頂く精神で、

気をつけて使っていきたいですね。

 

ばいばいばーい

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事