ソーシャルディスタンス 意味
ソーシャルディスタンス 意味

 

ソーシャルディスタンス、皆さんはこの言葉の意味は知ってますか?

新型コロナウイルスが世界各国で蔓延しています。

感染しないための方法としてソーシャルディスタンスが有効と認められ実行されています。

これは簡単に言うと、人との距離を取るという意味。

 

今回はソーシャルディスタンスの意味とはについてや、

世界ではどのようにソーシャルディスタンスを行っているのかについて触れて行きたいと思います。

スポンサーリンク

ソーシャルディスタンスの意味とは

ソーシャルディスタンスの意味

ソーシャルディスタンスの意味

 

読者様
ソ、ソーシャルディスタンス?また意味がわからない単語だわ・・・

そうですよね。次から次へと横文字の嵐。意味がわかりずらいですよね。

今度新型コロナウイルス関連の横文字のまとめ記事作りますね。

ではわかりやすく順を追って解説していきます。

 

ソーシャルディスタンスとは

ソーシャルディスタンス(Social distance)とは人と人との距離を物理的にとるという意味です。

社会的距離とも言われています。

要は咳やくしゃみなどの飛沫感染を防ぐ為に、人に近寄らないようにしようねって取り組みです。

物理的距離は2m以上とるのがいいと言われています。

 

海外ではソーシャルディスタンシング(social distancing)とも言われていますが、

英語は難しいので、人との距離を取ることが大事という事を覚えておけばOKです。(適当

本質さえ外さなければ細かいことはどうでもいいと思う。僕らは日本人なんだから日本語で覚えておこう。

 

ソーシャルディスタンスは効果あんの?

人との距離を取る事によって本当に予防になるの?って思われる方もいるかと思います。

下の動画は厚生労働省が作成した、人のくしゃみがどの程度飛ぶのかを検証した動画になります。


動画でも解説しているように、人の咳によって飛ぶ大きめのしぶきは2mくらい飛びます

なのでソーシャルディスタンスを意識していれば、

万が一新型コロナウイルスに感染している人が近くで咳をした人が居たとしても、

飛沫を避ける事が出来るのです。

だからソーシャルディスタンスは非常に重要な事で意味のある取り組みなのです。

新型コロナ対策として覚えておいて損はないです。

ソーシャルディスタンスを意識していれば、濃厚接触にならずに済みますしね。

 

濃厚接触については以下の記事でわかりやすく解説しています。

ソーシャルディスタンスって日本では難しくない?

確かにそうなんです。

外出自粛をしているとはいえ、普通に電車は混んでいます。

駅の中も普通に人は沢山います。お店も混んでます。職場も同僚との席の距離は近いですよね。

とてもじゃないけど2m以上離して行動するのは無理があります。

 

ソーシャルディスタンスとは重要だといえど、

現状のままでは人と距離を取るという意識づけはできたとしても、

人が多い状況では、距離も取れないのも事実です。

政府が強めの指示を出さない限り、日本でのソーシャルディスタンスは難しい状況です。

なんか日本って中途半端なんだよね。緊急事態宣言を出すなら、

キチンとソーシャルディスタンスの意味も重要性も伝えてください。

 

<2020/5/20>追記

今は電車に乗るとみんな間隔を開けるように乗るから、

少しずつソーシャルディスタンスの意味が浸透してきている実感があります。

 

スポンサーリンク

世界のソーシャルディスタンス例

ソーシャルディスタンス 世界

ソーシャルディスタンス 世界

 

では世界ではどのようにソーシャルディスタンスに取り組んでいるのでしょうか。

新型コロナ対策で行われている世界の事例を見てみましょう。

 

アメリカ

こちらはアメリカのサンノゼの状況をtweetしている方からの情報です。


これはスーパーでの対策として、一定数の人数を店内に入れさせない、

待つ場所も一定の距離を取るなどのソーシャルディスタンスが徹底されているのが伺えます。

 

他の市のニューヨーク市ではソーシャルディスタンスを守らない場合は、

罰則すら検討しているという鬼徹底ぶりです。

ニューヨーク市のビル・デブラシオ(Bill de Blasio)市長は27日の会見で、公園や公共の場でソーシャル・ディスタンス(社会的距離)を守らない場合、500ドル(約5.5万円)の罰金を科す可能性があると述べた。

引用:mashup NY,NY市、ソーシャル・ディスタンス違反に罰金検討。新型コロナ拡大で

それだけソーシャルディスタンスが新型コロナウイルスに感染しない為に有効だと認識しているのです。

ちなみにアメリカのCDC(疾病管理予防センター)は、

ソーシャルディスタンスの距離を6フィート(1.8m)と発表しています。

 

韓国

韓国のソーシャルディスタンスの取り組みは凄いです。

以下のtweetは韓国の雇用試験の映像です。

なんと屋外のサッカースタジアムに机を置き一人一人5mの間隔を開けて試験に望んでいます。


これくらい思いっきり対策してくれると割と安心できますよね。

2つの密(密閉と密集)が揃う試験会場を2つの密が揃わないようにしたのはとてもナイスアイディア。

 

日本でソーシャルディスタンスはどうなる?

日本では緊急事態宣言後におそらくソーシャルディスタンスが強く指示されると思っています。

今も「3つの密」を避けるように言われてますよね。これもソーシャルディスタンスの取り組みの一環です。

そして行われる対策は世界の対策と同じようになると思います。

 

スーパーなどの店舗では一定数の人数しか入店できない

待つ場合は2m以上間隔を開けて待つ

・電車やバス、飛行機なども入場制限とかかけるかも?

・宅配の受け取りは対面受け渡しがなくなるとか。

→既に日本郵便では対面受け取りではなく置き配(宅配物を敷地内に置いておく)に取り組んでいます。

 

ここら辺はどの程度厳しくするのかは政治家や行政次第ですけどね。

スーパーやコンビニなんかではレジ待ちの際に、2m位離す用に促される用になったよね。

 

緊急事態宣言については以下でわかりやすく解説しています。

スポンサーリンク

ソーシャルディスタンスの意味まとめ

ソーシャルディスタンスという言葉も意味もまだまだ日本では浸透していません。

これから新型コロナウイルスの感染が拡大していくにつれて、

人との距離を取ることの重要性が見えてきます。

今は難しいですが、外出を自粛することもソーシャルディスタンスの取り組みにつながるので、

どうか感染しない為に外出を自粛するようにお願いします。

 

以上、防災をやったみたのこーちゃんでした。

ばいばいばーい

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事